GATE-XAは、オープンサーバ環境で、IBM、富士通のホストコンピュータと環境を超えた運用を可能にするホストゲートウェイパッケージです。SNA、FNA、HNAのプロトコルを意識せずに通信するためのアプリケーションインターフェースを提供。サーバー内に取り込んだデータやファイルをホストコンピュータに送信する、ホストコンピュータから受信したデータをファイルに書き出す、もしくは他の機器に配信するなど、自由なデータ処理が可能です。

GATE-XAの特長

  • オープンサーバ環境下で、ホスト接続用USTを使用することにより、IBM、富士通、日立のホストとSNA、FNA、HNAを意識せずに通信接続が可能です
  • AIX環境下で、コミュニケーションサーバを使用することにより、IBMホストとLAN接続が可能です
  • ホスト側アプリケーションとGATE-XAアプリケーション間のデータの加工、振り分けが自在です
  • TCP/IPにつながる機器が、ホストの共用端末として稼働でき、環境を超えた運用を可能にします

主な機能

  • SNA,FNA,HNAセッション処理機能
  • データ入出力機能
  • アプリケーション監視機能
  • 障害解析トレース機能
  • タイマー機能

システム構成例

 

製造

部品メーカーに設置されているPCによる受発注システム 全銀手順 ←→ SNA のプロトコルおよびフォーマット変換を吸収することにより、ホスト側アプリケーションは、PCとの実データ処理のみを行っている。

p_gate-xa_sw_gate_img02

 

共通ATM接続GW

ATM オペレーションセンターと銀行のホスト機を接続するためのゲートウエイATM オペレーションセンターとの間はMQ接続銀行HOSTとはFNA接続(Communication Server for AIX 経由)共通ATMとの接続を自営ATMと同等にするプロトコル変換を行っている

p_gate-xa_sw_gate_img03

動作環境

サポートPUタイプ 2.0
サポートLUタイプ 0,2
サポートOS IBM VTAM,富士通 VTAM-G,日立 VOS3