動画配信サイト向け負荷分散

動画配信サイトに適したWebサーバの負荷分散を行う構成例です。

p_loadbalancer_009

 

 

想定製品

SX-3820

構成概要図

 

p_loadbalancer_configuration_no08_08c22e4108

全体構成要件

サービス仕様 外部クライアント向けWebサービス
クライアント環境 外部不特定IPアドレスからの通信
サービスIPアドレス 10.1.1.11
使用プロトコル HTTP
セキュリティー ファイアウォールで実施
サービスサーバ台数 2台
LB台数 2台

ロードバランサー構成要件

接続構成 ワンアーム・ブリッジ構成(DSR)
負荷分散方式 最少接続数(重み付けなし)
仮想IP:port 仮想IP10.1.1.11:80【bind対象物理IP10.1.1.101・10.1.1.102 計2台】
セッション維持方式 ソースIPアドレス(※1)
ヘルスチェック方式 HTTP(※2)
SSL設定 なし
ネットワーク設定 VLAN10:eth1
VLAN30:eth3
ルーティング設定 デフォルトルート
NAT設定 なし
その他設定 なし
冗長設定 LB01(Master) LB02(Backup)
VLAN10 VLAN30 VLAN10 VLAN30
管理IP 10.1.1.21 10.1.3.21 10.1.1.22 10.1.3.22
仮想IP 10.1.1.11 - 10.1.1.11 -
冗長IP - - - -
冗長構成相手IP - 10.1.3.22   10.1.3.21
VRID 10 - 10 -
冗長設定 LB01(Master) LB02(Backup)
preempt 有効 有効
priority 110 100

(※1) クライアントIPアドレスを基にセッション維持を実施
(※2)  /にヘルスチェックを行い、statusが200番台であればOK

Netwiser設定手順

手順1:
 冗長構成設定
 【LB2台とも設定】
ホスト名設定
VLAN設定
Interface設定
VRRP設定
セッション同期(冗長構成相手)設定
手順2:
 ケーブル接続作業
 【LB2台とも実施】
構成図に基づいたケーブル接続
手順3:
 負荷分散関連設定
 【LB1台のみ設定】
ルーティングテーブル設定
実サーバ設定
仮想IPアドレス設定
ヘルスチェック設定
仮想サーバ設定

Netwiser冗長構成では、冗長構成相手との設定情報同期が設定変更のたびに自動で行うことができます。
手順1は、設定情報同期を行えるようにLB01・LB02ともに設定します。
手順2は、LB01・LB02ともに構成図に基づいてケーブル接続を実施します。
手順3は、LB1台に設定すれば自動的に冗長相手機器に設定が反映されます。

上記構成の設定例、configをダウンロードできます。

設定例をダウンロード