各種機能の紹介

統合EDIサーバー構築パッケージROS3(ロス・キュービック)の各種機能をご紹介いたします。

 

統合EDI構築統合EDI構築

ROS3/EDIはあらゆる通信手順・ファイルフォーマットに対応し、異なるプラットフォーム同士のデータ伝送を容易に実現。EDIシステムにて必須の運用・管理機能も標準でサポートします。

全銀/JCA手順対応全銀/JCA手順対応

全銀/JCAプロトコルを標準装備。豊富なアプリケーション・インターフェース(API)、外部アプリケーション実行コマンドを用意しており、外部アプリケーション、外部プロダクトとの容易な連携が可能です。

SFTPオプションSFTP

ROS3 SFTPオプションは、SSH暗号化経路を確立してファイルを送受信するため、インターネット回線での利用においてもセキュアなファイル伝送を実現します。サーバ/クライアント機能に対応、公開鍵認証にも対応しています。

流通BMS対応流通BMS対応

インフラに高速なインターネットを使用し、通信手順に標準技術を採用した次世代EDI規格、「流通ビジネス・メッセージ標準(流通BMS)」。ROS3では、ROS3/EDIのオプションにて流通BMSに対応しています。

WebEDI構築WebEDI構築

ROS3 WebEDIオプションは、インターネット上でセキュアなファイル転送を実現。SSL暗号化通信による高信頼な集配信が行えます。あらゆる種類のファイル集配信システムが、Web上で安全に構築できます。