活用事例:放送業界事例(MMTでの時刻情報付与)

MMT:MPEG Multimedia Transport
8K時代の時代の放送伝送方式と時刻同期

地デジをはじめとするこれまでのデジタル放送で使用されてきたMPEG-2 TSに代わり、4K、8K時代のメディアトランスポート方式として国際標準化されたのが「MMT(MPEG Multimedia Transport)」です。
MMTはIPをベースにした伝送技術であり、放送+通信のような複数の伝送経路での情報提供が可能です。

 
MMTに不可欠な高精度な時刻情報をTime Server Pro.が提供

全てを1ストリームに多重化していたMPEG-2 TSに対し、MMTは映像や音声、制御メッセージなどを別々に伝送し、受信機がそれらを選択して受信・表示することができますが、複数経路で伝送したメディア間の同期において重要なのが、全てのパケットに付与された高精度の時刻情報です。
Time Server Pro. TS-2950」は、NTPタイムサーバー機能を標準搭載したグランドマスタークロックとして、IPネットワークによる高精度な時刻同期に対応。
4K、8K時代のメディアトランスポートをサポートいたします。

 

MMTの特長

  • 放送と通信を強調し多重伝送
  • 時刻情報を全てのパケットに付与
  • 時刻情報に基づいて各コンテンツを同期再生

PTPによる時刻同期が果たす役割

  • 高精度の時刻情報を多重化配信機器に提供

 

MMTと従来方式の比較

方式 MPEG-2 TS(従来方式) MMT
伝送情報 単一 多重
伝送方式 放送 放送・通信
伝送容量 固定 可変
高精度時刻 不要 必要

MMTに必要なナノ秒・マイクロ秒精度の高精度時刻をTime Server Pro.が提供します

豊富な時刻源で4K/8K放送を支えるハイエンドNTPサーバー。時刻源:局時計、光テレホンJJY、GPS 周波数源:局用Rb 10MHz、内蔵原子時計

 

放送業界の時刻同期はセイコーにおまかせください

地上デジマスター時計から、8Kなどの次世代放送、スタジオのIP化まで、幅広い時刻同期のニーズにお応えします。8K、スタジオのIP化、地デジマスター時計、ライブ中継の時刻同期ニーズにお応えします