p_time_img01_2335

多目的標準時刻サーバー

NTPに限らず、多彩なタイムコード出力と基準信号出力で、異なるシステムの時刻を合わせます。

p_timeserver_35

タイムサーバー TS-2335

標準価格:オープン価格

TS-2335 特長

特長1 多彩な出力インターフェース

タイムサーバー TS-2335 背面NTP による時刻配信だけでなく、タイムコード出力(IRIG、シリアルインターフェース)、基準信号出力(パルス出力、周波数出力)が可能です。

特長2 IRIGタイムコード入力にも対応

専用GPSレシーバーだけでなく、上位NTPサーバーや、外部機器からのIRIG入力を時刻ソースとして時刻同期させることも可能です。

特長3 電源の二重化に対応

AC90~240V×DC24V もしくはDC24V×DC24V の組み合わせでの二重化が可能です。

特長4 2台のTS-2335を接続し、機器冗長も可能

2台のTS-2335を専用のSFP(mini-GBIC)モジュール(別売り)で接続することで、簡単に冗長構成をとることができます。

特長5 充実した保守サービ

オンサイト/センドバックなどの保守サービス種別や1年~5年のサービス期間をご用意したタイムサーバーシリーズの充実の保守サービスをご提供しています。
保守サービスについての詳細はこちらをご覧ください。

 

TS-2335 構成例

タイムサーバー TS-2335 構成図

TS-2335 仕様

仕様
時刻ソース GPS衛星
修正精度 ±1ミリ秒
内蔵水晶精度※1 日差 ±10ミリ秒(+25℃)
LANインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX ×1(RJ-45)
NTPパケット処理能力 1250リクエスト/秒
時刻配信プロトコル NTP、SNTP、TIME、DAYTIME
NTPモード サーバー、ピアー、ブロードキャスト、マルチキャスト
ネットワークサービス IPv4、IPv6、Telnet、SSH、SCP、FTP、SFTP、SNMP、SMTP
出力 IRIG×2(BNC)、シリアル出力×2(RS-232C、RS-485)
パルス出力×2(パルス/周波数(5MHz)、RS-422)、アラーム出力×1
専用GPSレシーバー
受信周波数 L1帯(C/Aコード)
定格電圧 DC10~40V(本体から24V供給)
消費電力 0.4W
温度条件 -30~70℃
防水性能 IP65
外形寸法 Φ79×86(H)mm(突起部を除く)
質量 約200g
ケーブル長 10m
諸元
定格電圧 AC90~240V(50Hz/60Hz)※2
消費電力 最大10W
温度条件 0~60℃
湿度条件 10~90% RH(結露しないこと)
設置形態 19インチラックマウント
外形寸法 483(W)×125(D)×44(H)mm(突起部を除く)
質量 約1.8kg
適合規格 VCCI-A、RoHS、電気用品安全法

※1:記載されている精度は工場出荷時の値であり、ご使用の環境により変動します。
※2:AC240Vでご使用の場合は、適合する日本国内向けの電源コードが別途必要になります。