毎年、幕張メッセイベント会場に構築されるInterop Tokyoのライブネットワーク「ShowNet」での、セイコーソリューションズの取り組みについてご紹介いたします。
今年は、去年の長谷川(ShowNetへの道 [2016])に代わり、佐藤がShowNetへの道をナビゲーターを担当することになりました。よろしくお願いいたします。

今年もShowNetの時期がやってきました

毎年恒例ですが、今年もShowNetの時期がやってきました!

6月7日(水)~9日(金)に幕張メッセにて開催されるInterop Tokyo 2017に先駆け、5月25日(木)~6月2日(金)にShowNetの構築を行うHotStageが始まります。

今年も新しい試験にチャレンジします!

「ShowNet」とは、イベントの会期中、会場内からインターネットに接続するためのネットワークを構築するプロジェクトの名称ですが、最新技術や最新機器の検証なども実施しています。その準備を実は5か月以上前から始めているのをご存知ですか?ShowNetの事務局(NOC)と機器提供企業(コントリビューター)とでどのような機器を提供し、どのような新しい技術でネットワークを構築するのかを議論しています。

ShowNetについての詳細はこちらをご覧ください。

セイコーソリューションズは、10年近くShowNetへ参加しており、コンソールサーバーSmartCSタイムサーバーをShowNetへ提供し、構築のお手伝いをしたり、ShowNet内の数千台の機器に正確な時刻を提供したりしています。昨年、一昨年の2年間はPTP対応タイムサーバーの相互接続試験も実施しており、今年も新しい試験にチャレンジします!

ShowNet2017 コラム01 (写真は2016年のものです)

セイコーソリューションズが提供している機器が、ShowNetでどのように活躍しているかについては、次回以降にご紹介します。

私個人としては、今年はこれまでと違い、CTM(Contributor Team Member)という立場でShowNetへ参加します。コントリビューターとして自社製品の設定・構築、検証を実施するのではなく、ShowNet全体の構築、検証、運用に携わりますので、CTMならではの気付きなども次回以降からご紹介します。

ShowNet2017 コラム01 (写真は2016年のものです)

6月7日(水)~9日(金)までの3日間、幕張メッセにて開催されるInterop Tokyo 2017では、ShowNetのラック内やセイコーソリューションズブースで活躍する機器を直接ご覧いただけます。

幕張にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

この連載は、Show Net運営事務局ナノオプトメディア株式会社の監修の元、掲載しております

著者プロフィール

佐藤 泰介

著者近影:佐藤氏セイコーソリューションズ株式会社
製品サポート部門でプリセールスSEを担当

■経歴
2015年  入社
2015年~ プリセールスSEを主に担当

近年は、コンソールサーバーを中心にユーザサポート業務に従事。
現在に至る。

関連製品

コンソールサーバー SmartCSシリーズ

コンソールサーバー
SmartCSシリーズ

各種ネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、障害発生時にも機器にアクセスできるライフラインの構築を容易に。

タイムサーバー

タイムサーバー

ネットワーク上の機器に標準時刻を高精度に配信し、時刻をセキュアに同期。時刻同期のトラブルを解消します。

 
 

導入事例


東京証券取引 タイムサーバー事例 アイキャッチ

株式会社東京証券取引所

うるう秒対策はアジャスト調整で万全です


DMM.com タイムサーバー事例 アイキャッチ

株式会社DMM.comラボ

うるう秒対策、豊富な時刻ソース、リーズナブルな価格が導入の決め手です


ビッグローブ コンソールサーバー SmartCSシリーズ事例 アイキャッチ

ビッグローブ株式会社

時代に合わせ常に変化を続けるネットワークを柔軟に、そして確実に管理・運用するために、SmartCSが選択されました


さくらインターネット株式会社 コンソールサーバー SmartCSシリーズ事例 アイキャッチ

さくらインターネット株式会社

石狩データセンターの新設時にも活躍。ネットワーク構築と運用にSmartCSが活用されています