試験的な先行導入から、他のレストランへの順次導入を予定

j_ena_01 800mにわたって続く天然のビーチと輝くようなエメラルドグリーンの海の前に立つ、「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」。夏場のピーク時には1日2,000名にもおよぶお客さまが訪れる、沖縄でも最大規模を誇る県内屈指のリゾートホテルである。

 そんな大勢のお客さまの宿泊から料理、宴会、顧客情報すべてを管理するために欠かせないのがホテル管理システム。そのシステムと連動し、ホテル内の各レストランにおける顧客対応および精算業務の効率化を目的として導入されたのが、最新の機能を搭載したオーダリングシステム「EXCELLEO」だ。

 オリエンタルキッチン「エナ」へは、2006年9月からの試験的な先行導入ではあるが、その優れた機能により、他のレストランへの順次導入が期待されている。

「お客さまをお待たせしない」というホスピタリティの向上

j_ena_02 マネージャの根路銘氏によれば「ホテルという格式を意識すれば、機械的なサービスにお客さまが拒否反応を示さないか心配でした。しかし、システムそのものは既に広く認知されていて、そういった意味での不安は、杞憂に終わりました」という。

 「エナ」ではラテ色のハンディターミナルを採用しているが、店内の雰囲気を壊さないスタイリッシュなデザインに加え、何よりも「お客さまをお待たせしない」というホスピタリティの向上が大きな要因だったといえそうである。

 「ご宿泊のお客さまの場合は、部屋番号を打ち込むだけでお帰りの時にまとめて精算できるので、レジの混雑も大幅に緩和されました。しかも、ひとつの操作で情報共有ができ、伝達のタイムロスがないので、その分お客さまへのサービスに集中することができます」と根路銘氏。ここにも、ホテルの大きさを感じさせない、スピーディできめ細かなおもてなしの一端をうかがうことができる。

現場からの要望に合わせて、進化する「EXCELLEO」

j_ena_03 ここ「エナ」では、現場での混乱を防ぐため、例えばキッチンには料理のオーダーだけが入る、といったように、プリンターにも独自の調整がなされている。「現場からの要望に合わせて自分たちでいろんな工夫をしていますので、「EXCELLEO」の設定も導入当初とは少しずつ変わってきていますね」と、最初の設定から関わっているアシスタントキャプテンの服部さん。

 その他にも、イレギュラーなオーダーにはメモ機能を活用。ピーク時にはアルバイトスタッフも多数動員しなくてはならないが、操作性に優れているので、誰にでも安心してまかせられるという。

 また、目の前が海という絶好のロケーションは、塩害や砂の混入など機械にとっては過酷な環境。夏場はオープンテラスでの使用も予定しているため、「EXCELLEO」の堅牢性が大いに貢献することだろう。

お客様プロフィール

j_ena_04リザンシーパークホテル谷茶ベイ

沖縄県国頭郡恩納村宇谷茶1496
電話: 098-964-6611
開業: 2006年5月
営業時間: 11:00~22:00
定休日: 無休

j_ena_05