ドライブレコーダーに録画された運転データから、運転者の運転状況の見える化、運転改善のためのレポート作成などを行い、安全運転を支援する法人向け安全運転支援クラウドサービスです。導入・継続利用しやすい低コストと着実な導入効果を両立し、幅広いお客様への提供を可能としています。

法人向け安全運転支援クラウドサービス「Drive Care」

導入・継続利用しやすい低コストと着実な導入効果を両立

「Drive Care」(ドライブケア)は、ドライブレコーダーに録画された運転データから、運転者の運転状況の見える化、運転改善のためのレポート作成などを行い、安全運転を支援する法人向け安全運転支援クラウドサービスです。
セイコーソリューションズが長年培った、自動車メーカー向け車載端末をはじめとするM2M機器の開発・製造や、IoTデバイスからクラウド基盤、アプリケーションの豊富な開発実績を基に設計・開発し、低コストと高品質を両立。「コストが高い」「導入効果が継続しない」といった既存の安全運転支援サービスの問題点を解決し、幅広いお客様への提供と着実な導入効果を可能としています。

※本サービスは、三菱オートリース株式会社と共同で開発し、同社のサービスとして提供しております。
詳細・お問い合わせは、三菱オートリースのホームページをご覧ください。

 

システム概要

 

主な特徴

運転者の安全運転意識向上と、管理者の効果的指導・効率的管理が可能となる安全運転支援システム

  • 専用ダッシュボード
    管理者、運転者それぞれに、自身の運転状況や運転指導に必要な内容が一望できる専用のダッシュボード画面を用意。
  • 運転ヒートマップ
    運転中の急な加減速やハンドル操作をその強さと回数に応じて色でわかりやすく可視化。
  • ワークフロー
    最大5階層まで設定でき、報告書類の作成、回付、承認、保存までをクラウド上で完結。管理業務や手続きを削減。
  • 低コスト
    安全運転管理に必要な機能に特化することで低コストを実現。

ダッシュボード画面例

ドライバー用ダッシュボード画面
ドライバー用ダッシュボード画面

 

管理者用ダッシュボード画面
管理者用ダッシュボード画面

このような課題を解決します

  • 安全運転支援システムを導入したいがコストが高い。
  • ドライブレコーダーを導入したが効果が持続しない。
  • 運転状況や問題点の可視化・共有を行いたい。
  • 運用に管理者の手をかけたくない。運用工数を削減したい。

導入効果

  • 回線費用の削減などによりコストを抑えているため、低コストで導入が可能。
  • 運転状況の見える化や、他者比較、改善点のわかりやすい診断表示などにより、運転者の自発的改善を支援。
  • 手間をかけずに運転者を監督するための情報を管理者に提供。着実な効果継続をサポート。
  • 危険運転・ヒヤリハットのピックアップや、ランキング・事例の共有により、問題点の把握&共有や優良ドライバーの可視化が可能。
  • 運転データのアップロードから、解析、レポートの表示までを自動処理。報告業務もクラウド上で完結。

 

「Drive Care」ホームページ

https://www.mal-marche.com/jp/services/products/drive-care

※三菱オートリース株式会社のホームページに移動します