ROS3シリーズ リリースノート:BMSConnector V2M2 PTF01

対象パッケージ 総称 BMSConnector V2M2 PTF01
パッケージ名称詳細 AS2オプション、JXオプション
管理番号
リリース日 2013/06/28
適用OS Red Hat Enterprise Linux 5.6
Red Hat Enterprise Linux 5.4
出荷形態 CD-ROM

 

変更内容一覧

V2M1 PTF03からの変更内容

AS2、JXオプション共通の機能について、以下のとおり修正しました。

  • BMSConnectorの内部ログ出力機能を強化しました。
  • 運用管理ツールのメッセージログに対して、右クリックメニューから「完全に削除」「コピー」「既読/未読にする」「削除する/元に戻す」を実行する場合、複数のメッセージログを指定することが可能になりました。
  • サーバー認証用のキーストアに流通業界共通認証局のルート証明書、中間証明書を同梱しました。(インテック社、グローバルサイン社、ベリサイン社)
  • 同梱しているJavaを1.6.0_37にバージョンアップしました。

 

AS2オプションの機能について、以下のとおり修正しました。

  • 暗号化ファイルを受信した際の復号処理時に、一時ファイルが削除されない問題に対応しました。

 

JXオプションの機能について、以下のとおり修正しました。

  • 自社の企業識別情報が100桁まで登録可能になりました。
  • 自社マシン識別情報の桁数制限を、255桁から100桁に変更しました。
  • ビジネス文書データ受信時に、内部処理で使用するバッファサイズの設定値が受信データよりも小さい場合、改行コードの含まれるBASE64データをデコードすると文字化けする不具合を修正しました。
  • 同一の相手先に対して、複数の自社情報を設定できるようになりました。
  • 登録済みの自社企業情報の自社マシン識別情報が31桁以上の場合、自社企業情報編集画面の自社マシン識別情報入力欄が空欄になる不具合を修正しました。
  • 取引先企業情報に設定されている自社企業情報の自社マシン識別子が31桁以上の場合、取引先企業情報編集画面の自社マシン識別情報表示欄が空欄になる不具合に対応しました。
  • 取引先の企業識別情報が100桁まで登録可能になりました。
  • 取引先マシン識別情報が31桁以上の場合、取引先企業情報の登録/更新に失敗する不具合を修正しました。
  • 取引先マシン識別情報の桁数制限を、255桁から100桁に変更しました。
  • ビジネス文書データ受信時、データの末尾に不要なデータが付加される場合がある問題に対応しました。
  • ビジネス文書データ送信時の内部処理を改善しました。

 

V2M2 PTF00からの変更内容

JXオプションの機能について、以下のとおり修正しました。

  • ビジネス文書データ受信時、データの末尾に不要なデータが付加される場合がある問題に対応しました。
  • ビジネス文書データ送信時の内部処理を改善しました。

 

適用される修正モジュール

V2M1 PTF03に適用される修正モジュール

  • bmsclient.bat
  • BMSConnector.exe
  • BMSConnectorStore.h2.db
  • BMSConnectorSystem.properties
  • BMSConnector同梱Java
  • bmsconn_v2.2_splash.png
  • derby-10.9.1.0.jar
  • derbyLocale_ja_JP-10.9.1.0.jar
  • index.html
  • JXWebService.aar
  • launch.jnlp
  • ros3as2web.war
  • ros3bmsserve.jar
  • ros3bmsserver-api.jar
  • ros3bms-as2client-msglog-2.2.0.jar
  • ros3bms-jxclient-maintenance-2.2.0.jar
  • ros3bms-as2client-commons-swing-2.1.5.jar
  • ros3jxweb.war
  • SvcStart.exe
  • SvcStop.exe
  • truststore
  • version.inf

 

V2M2 PTF00に適用される修正モジュール

  • ros3as2web.war
  • ros3jxweb.war
  • ros3bmsserver-api.jar
  • version.inf

 

注意点その他

  • 64bit版OSのみの対応となります。
  • 32bit版のJava VMのみの対応となります。
  • 本製品は単体では動作しません。別途、ROS3/EDIが必要になります。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

本件に関するお問い合わせは、弊社パッケージサポートセンター まで
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

以上