㈱ファーマテックへ『調剤薬局向けPOSレジシステム』を導入
薬剤師の専門性発揮の環境整え、「かかりつけ薬局」機能強化に貢献

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳 本社:千葉市美浜区 以下 セイコーソリューションズ)は、調剤薬局向けの専用POSレジシステムと自動釣銭機(※)を、株式会社ファーマテック(代表取締役社長:北原 久也 東京都新宿区 以下 ファーマテック)へ導入します。2024年7月下旬より、同社が関東地区に構える15店舗の調剤薬局へ順次導入し、利用を開始します。

【調剤薬局を取り巻く現状と導入背景】
高齢化社会が進み、来院来局が困難な患者の増加が今後も想定される中、在宅医療制度や地域包括ケアなど、病院や調剤薬局に求められる機能は日々変化しています。また、医薬分業の推進が進み、調剤薬局においては、薬剤師の専門性や対人スキルを活かした「かかりつけ薬局」としての機能がより重要性を増しています。

【導入における期待効果】
ファーマテックは、「店づくりは人づくり」の理念のもと、地域に密着した、かかりつけ薬局としての機能強化に取り組んでいます。薬剤師の会計業務への負担を軽減することにより、本来の調剤業務や患者への服薬指導業務に集中できる環境を整え、患者サービスを向上することを目的に、今回セイコーソリューションズが提案するPOSレジシステムと自動釣銭機の導入を決定しました。導入にあたっては、店舗営業終了後の精算処理や現金在高確認、売上等の集計業務の効率化を図ることで、残業時間の短縮など薬局における働き方改革の効果も期待されています。

また、ファーマテックは、かかりつけ薬局の機能として、薬局内に限らず、高齢者福祉施設など、来局が困難な患者への訪問調剤にも積極的に取り組んでいます。施設への毎月の請求管理は、店舗従業員の負担となっていました。今回導入する当社提案のPOSレジシステムは、この課題を解決するために機能拡張を行い、施設と調剤薬局の連携強化に貢献しています。

POSレジシステム導入と同時に、薬局内のICT活用として、売上データの自動集計機能、及び一般の医薬品(OTC医薬品)の在庫や発注機能を有したクラウドサービスも同時に稼働させ、本部を含めた会社全体のシステム構築も推進しています。高齢化社会で重要性が増す「かかりつけ薬局」としての機能強化に向け、セイコーソリューションズは、ハードウェアからソフトウェアまでトータルのICTソリューションのコンサルテーションで、今後も貢献してまいります。

(※)調剤薬局向けPOSレジシステムと自動釣銭機は、日本リテイルシステム株式会社が提供するシステムです。

 
【株式会社ファーマテックについて】
名称  :株式会社ファーマテック 
代表者 :代表取締役社長 北原 久也
所在地 :東京都新宿区西新宿7-9-18 第三雨宮ビル2階
設立  :昭和58年9月
URL   : https://www.ph-t.co.jp/

 

関連製品

 

お問い合わせ先

報道関係の方からのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ株式会社
マーケティングコミュニケーション部
担当:安井 tel:03-6779-8952 e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ株式会社
イノベーション第一統括部
担当:岩崎 tel:06-6245-2240(代表) e-mail:riyouichi.iwasaki@seiko-sol.co.jp