国産ロードバランサーと国産WAFを1台に統合。Webサーバ運用にダブルの安心をプラスします。Webサーバに代わってWAF処理を「SX-3550」が行うため、Webサーバにかかる負荷も軽減します。

※本製品は販売を終了いたしました。(「SX-3550」販売終了のお知らせ)

Webアプリケーションファイアウォール

POINT1 WAFの新規導入にかかるコストを大幅に削減します。

最大30台までのWebサーバに対応できるため、これまでWebサーバごとに必要だったライセンスも不要。導入、運用コストを大幅に抑えられます。

POINT2 ハードもソフトも国産品質。安心して利用できます。

設定・管理画面、マニュアル、保守サポートも日本語のため、万一のトラブル時にも迅速に復旧できます。

POINT3 トラステッド・シグネチャ検査機能で高リスク攻撃を重点的に防御します。

攻撃パターンのデータべース「トラステッド・シグネチャ」は、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングといった高リスクの攻撃をシャットアウト。

Netwiser SX-3550製品概要

国産ロードバランサーと国産WAFを1台に統合。Webサーバ運用にダブルの安心をプラスします。Webサーバに代わってWAF処理を「SX-3550」が行うため、Webサーバにかかる負荷も軽減します。

Netwiser WAF SX-3550

標準価格 ¥1,980,000(税別)
標準価格 ¥1,980,000(税別)

 

 

 

 

p_netwiser_waf_siteguard
国内メーカートップシェアのJP-Secure社製WAF 「SiteGuard Lite」を採用。Webアプリケーションへの攻撃をシグネチャで防御する セキュリティー機能を搭載したアプライアンス製品です。高い耐障害性・可用性のもとでロードバランサーとしてのすぐれた負荷分散機能も備えています。

WAFとは?

クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなど、Webアプリケーションの脆弱性を悪用したサイバー攻撃に対抗する最新のソリューションです。

WAF概要

従来のWAF導入との違い

従来、WAFを導入しようとする場合、WAF専用サーバが必要になることが一般的でした。NetwiserならロードバランサーとWAFが1台に統合されているため、構成がシンプルになりコストも負荷も軽減できます。

【従来】WAF専用のサーバが必要 【Netwiser】1台で負荷分散

 

仕様

製品名 SX-3550
LANインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX/
1000BASE-T
処理能力(最大) L7 パフォーマンス 2,800HTTPトランザクション/秒
システムスループット(L4) 800Mbps
SSLスループット 500Mbps
SSL新規セッション
(2,048ビット時)
700セッション/秒
SSL公開鍵長 1,024/2,048/4,096ビット
SSL暗号強度 40/56/128/168/256ビット
最大同時セッション数(L4) 1,000,000
最大同時コネクション数(L7) 200,000 
最大仮想サーバ登録数 256
最大実サーバ登録数  
負荷分散方式 ラウンドロビン(重み付け)、最少接続数(重み付け)、
ソースIPアドレス、HTTPスイッチング
セッション維持方式 ソースIPアドレス、サーバcookie、URLリライト、
cookie挿入、SSLセッションID
ヘルスチェック方式 ICMP、TCP、HTTP
ネットワークアドレス変換  ソースNAT、リバースNAT
ネットワーク VLAN、スパニングツリー、リンク集約、スタティックルート
導入構成  ブリッジ型、ルーター型、ワンアーム型
セキュリティー パケットフィルタリング
冗長性 冗長構成(アクティブースタンバイ) 
管理機能 NTP、SNMPトラップ、クエリー応答、syslog転送、メール通知、 Telnet、SSH接続、Web接続、ソーリーコンテンツ定義
その他機能 HTTPリダイレクション、実サーバ数一定構成、
仮想サーバHTTPアクセスログ取得
諸元
定格電圧(50/60Hz) AC100V±10% / AC200V±15%
消費電力  最大116W
発熱量  0~40℃ 
湿度条件
(結露しないこと)
20~85% RH
外形寸法(突起部除く) 427(W)×380(D)×44(H)mm
質量 6kg
適合規格 VCCI-A、RoHS