対象製品

  • マルチプロトコルコンバータ USTシリーズ
  • マルチプロトコルIPトランスレータシリーズ
  • 公衆同期モデム
  • フォールバックスイッチ

契約書タイプ(ハードウェア)

保守サービス期間

原則保守サービス期間の単位は1年間とし、一括でお請けする最長期間は5年間となります。

保守サービス受付時間/対応時間

  • 受付時間:24時間365日
  • 対応時間:サービスタイプにより異なります。
    ①24時間365日
    ②月~金曜日 9:00~17:00 (祝日、年末年始、弊社指定の休日を除く)

保守サービス内容

有償サービスをご契約(ご登録)いただいている製品の故障・不具合の連絡に対し、以下のお客様ご利用サービス種別に従い保守サービスをご提供いたします。

《技術支援保守サービス》(センドバックサービス)
電話・メール等により必要な技術情報を提供し、故障・不具合の解決または一時回避をサポートいたします。
弊社指定の保守サービス拠点へ送付またはご持参いただいた製品の修理を行います。
修理した製品は、ご登録されている設置場所またはご指定の送付先に返送いたします。
※必要に応じて修理期間中の代替製品を無償で貸し出しいたします。(故障修理・代替製品とも送料は発送元負担)
※SC-8278のセンドバックサービスは、2015年9月30日をもって終了いたしました。

《オンサイト保守サービス》
製品の設置場所にサービスエンジニアが出張し、故障修理・調整を行います。
製品の設置場所が離島または主要交通機関を利用できない場合は、別途交通費が必要となります。
※公衆同期モデムのオンサイト保守は、USTシリーズを利用していることが条件となります。

 

本保守サービスの適用除外事項

 以下は【保守契約サービス】の適用範囲外となりますのでご了承ください。 

  • 製品以外の、OSその他のソフトウェアまたはハードウェアの瑕疵に起因する製品の故障または不具合の復旧
  • 各製品所定の使用環境、使用方法、マニュアルに反して使用したことにより生じた故障又は不具合の復旧
  • その他お客様の責に帰すべき事由により生じた故障の修理調整

 

本保守サービスの申し込み・受付期限

  • 製品納入日又は、前回の保守契約終了日より2年以上経過している場合は、別途、事前点検(有償)が必要です。
  • 保守サービス期限は、製品の販売終了から5年間となります。
    ※提供可能な保守サービス期間が、1年間に満たない場合は、別途ご相談ください。

契約の流れ

本サービスのご利用は、見積内容に同意後、弊社仕様の契約書での締結が必要です。

① 新規保守サービスのご注文
【ご契約締結に対しての必須連絡事項】

  1. 保守契約名称及び弊社見積番号(案件特定のため)
  2. 下記契約書記載必須情報
    ・機器設置場所情報(設置場所名称・住所)
    ・製品製造番号
  3. 貴社お支払い条件(要望)
    (例)契約開始月請求、翌月末支払い
  4. ご請求書・ご契約書送付先情報
    ・ご担当者名、住所、E-mail、TEL

 

② 保守契約の締結
【ご契約締結に対しての必須連絡事項】

  1. お客様からご連絡いただいた契約情報に基づき、弊社にて契約書雛形を作成し、契約担当者様へお送りします。
  2. 貴社にて雛形の内容をご了承いただけましたら、その旨を弊社担当者へご連絡ください。
  3. 弊社内にて契約書の正式発行(捺印作業等)の後、契約書を2部お送りします。
  4. 契約書の到着後、内容のご確認、貴社ご捺印をいただき、1部を弊社へご返送いただきます。※双方にて、1部ずつの契約書保管となります。
③ 契約完了
以降の保守サービスについてのお問い合わせ・製品の障害についてのご連絡は、契約書記載の「契約番号」「機器製造番号」をご連絡いただきます。

サービスポリシーダウンロード

ハードウェア製品に関する
サービスポリシー
(128KB)

よくあるご質問

センドバック修理期間はどれくらいですか? +-
弊社へ故障機が到着してから2週間程度となります。
保守対応は製品交換ですか、部品交換ですか? +-
原則部品交換による、修理対応となります。

お問い合わせ

保守サービス契約 に関するお問い合わせ

保守契約担当
TEL:043-273-3179
e-mail:keiyaku-support@seiko-sol.co.jp