SCAM/TCPは、z/OS環境において標準では接続できない機器やコンピュータを接続するためのホストゲートウェイパッケージです。IBM 3745経由で行われていた接続を、マルチプロトコルコンバータUSTと組み合わせて使用することでTCP/IP経由での接続が可能です。
また、IMS、CICSのアプリケーションからは、SNA装置としての入出力手順で、従来の非SNA機器との間でデータ交換をすることができます。さらにSCAM/TCPのユーザEXITを作成することで、ユーザー独自のデータ加工(入出力データの結合、分解、変換、LUの振り分けなど)を行うことも可能です。

SCAM/TCPの特長

中継ネットワークとしてTCP/IPを意識せずに使用可能です

マルチプロトコルコンバータUSTの活用により、OS/390とさまざまなプロトコルを持つ機器、システム間の入出力が容易に行えます

z/OSのマシンとUNIX、Linux、Windowsなどのマシンとのプロセス間通信が可能です

主な機能

  • VTAM・APPL接続機能
  • TCP/IP・外部接続機能
  • STNA(UST・IXSAM)接続機能
  • IBM端末接続機能
  • 資源コントロール機能
  • ログオン/ログオフ機能
  • ユーザ出口ルーチンサポート

システム構成例

工場内プロコン操業オンライン

工場内の60数台のプロコンをBSCやTCP/IPでホストに直結。 異常時は、上位系からLAN系まで一括で待機系に切替可能な構成。 運営体制の確立したホストにて365日24時間の連続稼動を運営体制の確立したホストコンピュータにて実現。

p_scam-tcp_sw_scam_img02

 

建材メーカー受発注オンライン

IBMホストシステム内に受発注システムをSCAMおよびUSTを利用することにより実現し管理の一元化を実現する。 CICSのAPにて代理店との接続システム(全銀・JCA)を構築

p_scam-tcp_sw_scam_img03

 

動作環境

サポートPUタイプ 2.0
サポートLUタイプ 1,2,3,P
サポートOS z/OS V1.10以下