室内のCO2濃度を一定時間間隔で計測・管理し、基準値を超えた場合はアラームをプッシュすることで換気を促すクラウドサービスです。
店舗や施設の3密を回避し、クラスター発生リスクを低減することが可能になります。

■ 【感染防止対策Webセミナー】CO2計測で3密回避!~ウイズコロナ時代の施設・店舗管理に有効な換気施策とは~(2021年2月17日開催)

CO2計測による3密回避支援サービス

新型コロナウイルスの感染防止には、 適切な換気を行うことが有効といわれています。
「CO2計測による3密回避支援サービス」は、店舗や施設に設置した高精度CO2センサーが計測したデータをクラウドに送り、一括管理。
空調管理だけでは難しい換気のタイミングを、店舗や施設責任者のスマートフォンで常時確認できます。
また、計測データを本部の管理部門に提供し、店舗や施設の運営状況を後からトレースすることも可能です。

特長

換気タイミングをタイムリーに通知

  •  CO2濃度を店舗や施設管理者のスマートフォンに常時表示するので、安心です。
  • 万一基準値を超えるCO2が計測された場合は、スマートフォンの画面やスピーカー音で即時に異常を通知します。

らくらく導入、らくらくメンテナンス

  • クラウドサービスのため、お手持ちのスマートフォンやPCを利用すれば、必要な機材はCO2センサーのみ。短期間でサービスのご利用を開始いただけます。
  • CO2センサーは、ネットワーク配線不要。お客さまにて簡単に設置いただけます。

超高精度のCO2センサーを採用

  • 測定誤差±30ppmの高精度なCO2センサーを採用し、正確な換気タイミングを検知します。
  • 温度・湿度も同時に計測し伝送。熱中症予防などにも役立ちます。
  • ワイヤレス(Wi-Fi)接続なので、広範囲の通信が可能です。

各店舗や施設のCO2濃度の遷移を見える化

  • 計測データを本部に提供するサービスを用意。データを分析・解析することで、各店舗や施設の環境・運営の改善に活かすことも可能です。
  • 店舗・施設ごとに「数値に基づき適切に換気をしている」ことをホームページに掲載したり、ポスターに掲示することで、利用者に安心感を与えられ、利用者の増加を見込めます。

このような課題を解決します

  • 定期的に換気はしているけれど、効果的に実施できているか不安
  • お客様や従業員が安心して利用できる環境を維持・提供したい。
  • 映像を利用せずに密集状態を把握したい。