課題別対応例一覧

決済センターと金融機関/加盟店を確実に結び、必要な決済インフラのスムーズな構築を実現するパッケージ。クレジットやデビットのほか、マルチペイメントやATM接続などにも対応し、仕向/被仕向の決済業務をフルサポート。各課題別に対応例をご紹介します。

インバウンド

インバウンド

越境EC市場に対応したい
中国人ツアー客による爆買い対策を急ぎたい

  • 外国人観光客の購買機会を逃したくない。
  • 集客率UPのため外国通貨の決済に対応したい。
  • 外国通貨の決済に対応した場合も、収支計算を難しくしたくない。

多通貨決済(MCP)の場合 / 多通貨決済(DCC)の場合 / 銀聯カード対応の場合

 

POS連動

POS連動

店舗のPOSシステムと連動したカード決済をしたい

  • 単一のPOSメーカーを利用しているため、システム更改の際に検討の幅がない。
  • なるべく少ない予算でシステムを構築したい。
  • ポストペイ対応をしたい。

大規模の場合 / 小規模の場合 / 電子マネー対応の場合

 

EC決済

EC決済

ECサイトでのカード決済システムを自社で構築したい

  • TCO削減したい。
  • 代引き、口座引落ししか決済手段がない。

大規模の場合 / 小規模の場合

 

ATM連携

ATM連携

銀行ATMと連携してカード決済を行う場合

  • ATMサービスを全国に短期間で安く広げたい。
  • 基幹系に直接手を加えることなく、ATMシステムを構築したい。

ATM連携の場合

 

FEPシステム

FEPシステム

FEPシステムを構築したい

  • TCO削減したい。
  • 高価で複雑なクラスターを組んだが稼働率に不満がある。

FEPシステムの場合

 

口座振替

口座振替

リアルタイムに口座振替をしたい

  • 口座振替業務は、口座振替データ引渡しから結果通知を受領するまでに最短で5営業日を要するため、入金に時間がかかる。

口座振替の場合