個人信用情報照会システム L-CRIPは、個人信用情報機関との通信制御機能や回答情報のサマリー機能など、個人信用情報照会に必要な機能を多数備えています。
住宅ローン審査、クレジットカードの入会審査・途上与信、割賦販売の契約時審査など、各業種の審査業務に利用できます。

L-CRIPとは……お客様と個人信用情報機関をつなぐパッケージ

個人情報照会システム L-CRIPとは

L-CRIPは、住宅ローン、クレジットカード入会審査・途上与信、割賦販売の契約時審査など、入会・融資審査に必要不可欠な個人信用情報照会システムを短期間・低コストで構築できるパッケージです。
お客様の受付・審査システムと各個人信用情報機関(KSC、CIC、JICC)のセキュアな一括接続を実現します。

特長

短期間・低コストでシステム構築が可能

多くの導入実績があり、信頼性の高いパッケージであるL-CRIPをご利用いただくことで、短期間で安定したシステムを構築でき、開発コストも抑えることができます。

セキュアな一括接続を実現

各個人信用情報機関(KSC、CIC、JICC)とのセキュアな一括接続を実現し、複雑な接続手順を意識することなく、一個人の複数機関照会、CRIN照会などが簡単に行えます。
さらにアプリケーションからの回線制御、運用画面からの回線・システム制御に対応。運用業務の負荷も軽減します。

審査時間の短縮を実現

通常の業務で使用しているPCとWebプラウザで複数の個人信用情報機関への照会情報入力、回答結果確認、取消・訂正などがワンストップで行えます。 また、独自の審査ロジックで審査業務の効率アップに貢献します。

審査精度の平準化

独自の審査ロジックによる判定結果で審査精度を平準化。審査官のスキルに依存しない審査を実現します。必要な情報を的確に参照でき、見誤りなどのヒューマンエラーも防止します。

あらゆる導入パターンに対応

L-CRIPは、お客様の課題に合わせてあらゆる導入パターンに対応します。上位システムとのインターフェースや簡易審査機能など、豊富な機能を個別にオプション化しているため、お客様ごとに最適なシステムを提供できます。
また、すべての機能を導入しなければならない他社のパッケージ製品に比べ、L-CRIPなら不要な機能にまでコストをかけることがありません。

改正貸金業法・改正割賦販売法にも完全対応

  • 貸金業法対応
      総量規制に対応したロジックを実装
  • 割販法対応
      支払い可能見込み額を自動計算するロジックを実装

課題解決例

個人向けローンの案件数増大対策個人向けローンの新商品開発に伴い案件数が増大

新商品の発売に伴い案件数の増加が見込まれているが、個信システムの老朽化による審査業務の遅延や、現在の審査体制(人員)の限界もあり、見込み案件を処理することができない。

度重なるシステム改修対策

度重なるシステム改修により多額のコストがかかる

業界の自主ルール策定や、個信機関の仕様変更、基幹システムの更改、新サービスのリリースなど、度重なるシステム改修により多額のコストがかかる。

専用端末だと業務効率が悪い

件数が少ないから専用端末で十分と思っていたが……

照会件数が少ないので、個人信用情報機関の専用端末で十分だと思っていたが、実際には業務効率が悪いことがわかった。
 

個信審査の自動化個信審査の自動化を実現したい

個信審査をより簡単に、スピーディに行いたい。