アメーバブログやアメーバピグなどを展開する「Ameba」を中心に、スマートフォン向けゲームなど多彩なインターネットサービスを提供している株式会社サイバーエージェント。 そのサービスをお客様にお届けするためのネットワークの運用管理を、エスアイアイ・ネットワーク・システムズ(SIINS)のコンソールサーバ SmartCSが支えています。

販売導入パートナー:ネットワンパートナーズ株式会社

ネットワークの安定運用は、私たちの生命線

株式会社サイバーエージェント アメーバ事業本部 鈴木 健司 様
株式会社サイバーエージェント
アメーバ事業本部
鈴木 健司 様
「私たちサイバーエージェントでは、コンソールサーバSmartCSを、ネットワークを確実に運用するために、ネットワークを構成するさまざまな機器のコンソールポートへのアクセスラインを確保するために使用しています」と 株式会社サイバーエージェント アメーバ事業本部 鈴木健司氏は話します。

「私たちサイバーエージェントは、インターネットを通して、お客様にさまざまなサービスを提供しています。サービスを提供しているネットワークは、私たちの事業にとって生命線ともいえるもので、当たり前ですが24時間365日、止まることなく安定して動作する必要があります。このネットワークの安定稼働を実現する上で、SmartCSは非常に重要な役割を果たしています。

「ネットワーク機器のコンソールポートは、機器に確実にアクセスする手段として非常に重要です。通常は、ネットワーク機器にアクセスする際には、SSH接続にてネットワークを経由してオペレーションを行いますが、ネットワーク自体にトラブルが発生すると、ネットワーク機器へのSSH接続すら行えなくなることが起こりえます。

もちろん、現地で直接機器へオペレーションをすることができれば確実ですが、それが最適な対処かどうかは、状況により異なります。このような状態でも、SmartCSを導入していれば、リモートからであっても、コンソールポートにアクセスできるため、確実に機器のオペレーションを実行することができます。

このように、ネットワーク機器へのアクセス方法を複数用意しておくことは、ネットワークの運用性をより高めるために重要だと考えています。」

データセンター新設にあわせ、SmartCSを導入

株式会社サイバーエージェント アメーバ事業本部 澤田石 朋彦 様
株式会社サイバーエージェント
アメーバ事業本部
澤田石 朋彦 様
「SmartCSを導入したのは2年ほど前で、新しくデータセンターを構築するタイミングで、信頼性向上のためにコンソールサーバSmartCSを導入しました。」と 株式会社サイバーエージェント アメーバ事業本部 澤田石朋彦氏は話します。

「それまで利用していたデータセンターは、私たちが通常勤務しているオフィスから地理的に近い場所であったこともあり、トラブルが発生した場合でも、すぐに現地で対応を行うことができたため、コンソールサーバを利用していませんでした。

新しいデータセンターは、これまでよりも遠い場所に構築することになりましたので、これまで通り、現地に駆けつけるやり方では、トラブルが発生した際に、復旧するまでの時間が長くかかってしまうことになります。 この問題を解消するために、新しいデータセンターでは、コンソールサーバを導入することになりました。」

「また、トラブル発生時だけではなく、日常の運用においても、SmartCSを活用しています。たとえばネットワーク帯域の増強など、機器の設定変更を行うケースを想定すると、変更内容によっては、機器へのSSH接続に影響が出ることが考えられます。予定通りに作業できれば問題は無いのですが、万が一の設定ミスに備えて、かならずSmartCSを経由したコンソールポート上で実施するようにしています。コンソールポートへのアクセスを確保していれば、作業中に何らかトラブルが発生したとしても、迅速に対応を行うことができます。」

導入の決め手は、設定・設置の簡単さ

サイバーエージェントにとって、初めてのコンソールサーバ。なぜ、SmartCSが選ばれたのでしょうか。 「SmartCSは、ネットワーク機器の購入でお付き合いのあった、ネットワンパートナーズさんから紹介いただきました。 他社のコンソールサーバとも比較してみたのですが、SmartCS自体が簡単に設定できたことと、ネットワーク機器との接続が簡単にできたことが、SmartCSの導入のポイントとなりました。

SmartCS自体の設定については、コンソールサーバ専用機だけのことはあり、実際に利用するまでに必要な項目が少なく、また、マニュアルもわかりやすく記述されていたので、ほとんど設定に手はかかりませんでした。 また、SmartCSとネットワーク機器の接続も、Cisco社製品など大多数のネットワーク機器とはイーサネットのストレートケーブルだけで接続が可能なことが良い点と感じています。特殊なケーブルやコネクタが必要であると、事前に手配が必要となりますが、ネットワークで一番多く使われるケーブルがそのまま利用できるというのは、設置時に手がかからないと感じました。

もちろん、肝心の動作についても、私たちが使用しているネットワーク機器を実際に接続し、動作を検証しました。結果、全く問題なく動作することが確認できましたので、設定や設置の簡単さも合わせ、SmartCSを導入することになりました。」

安定稼働が生み出す安心感

SmartCSで一番評価できるポイントは、「安定して稼働していること」だと感じています。

データセンターの拡張にあわせてSmartCSを追加導入していますが、2年間で一度も故障が発生せず、安定して動作しています。新しいハードウェアを導入したときには、何かしらトラブルが起こるものですが、SmartCSは全くといっていいほどトラブルがありません。運用に携わるものとしては、この点は非常に高く評価しています。 また、コンソールサーバは、何かあったときに利用する、いわば保険のような装置ですので、いつでも使える状態になっているというのは必要不可欠です。SmartCSは、非常に安定して動作していますので、安心して利用することができています。

私たちがサービスを提供するネットワークは、その時々の新しい技術を取り入れながら、形は変わり続けると考えていますが、安定運用を維持する、という大目的は変わりません。私たちはこれからもSmartCSを活用して、お客様にさまざまな新しいサービスを安定して提供していきます。

お客様プロフィール

株式会社サイバーエージェント
URL:http://www.cyberagent.co.jp/
本社:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
設立年月日:1998年3月18日