製品モデル

型式 構成
SmartEMT
NS-3710-10 GbE×4
管理用ポート(FE×1、RS-232C(RJ-45)×1)
SmartENU
NS-3210-10 FE×3
管理用ポート(RS-232C(RJ-45)×1)

※SmartEMTでは機能を拡張する「オプションライセンス」を追加導入することができます。詳細はお問い合わせください。

製品外観・各部名称

SmartEMT

p_ appliance_img-01-09

 

SmartENU

p_ appliance_img-01-10

製品仕様

プラットフォーム(本体ハードウェア)仕様

  SmartEMT
(NS-3710-10)
SmartENU
(NS-3210-10)
Ethernetポート 100BASE-TX/1000BASE-T×4
10BASE-T/100BASE-TX×1(管理用)
10BASE-T/100BASE-TX×3
RS-232Cポート RJ45×1(管理用)
CFカードスロット 1スロット(セットアップカード用)
電源 内蔵二重化電源、AC100V~240V、50/60Hz 外部ACアダプタ、AC100V~240V、50/60Hz
消費電力 AC100V:98W(最大)
AC240V:95W(最大)
13.5W(最大)
外形寸法 425.2(W)×453.5(D)×42.8(H)mm 186.4(W)×275.0(D)×39.0(H)mm
質量 約6.5kg 約1.5kg

システム basic1 仕様

  SmartEMT
(NS-3710-10)
SmartENU
(NS-3210-10)
レイヤ2
ネットワーク監視
疎通監視
遅延監視
伝送経路確認
常時監視(疎通・遅延・遅延ゆらぎ)
レイヤ2
監視プロトコル
IEE802.1ag / ITU-T Y.1731準拠 Ethernet OAMプロトコル
Continuity Check (CC)
Loop Back (LB)
Link Trace (LT)
Delay Measurement (DM)
MEP/RMEP設定数 MEP数:最大512
RMEP数:最大2048
MEP数:最大8
RMEP数:最大128
RMEP自動登録 未登録RMEPの自動登録
ビットエラー検出 ビットパターンチェック
ビットパターン種別:プリセット/ユーザ定義/擬似ランダム
レイヤ3
ネットワーク監視
ICMPエコーによる疎通監視(常時監視可能) ICMPエコーによる疎通監視
レイヤ3監視用
仮想IP設定数
最大64 最大4
レイヤ3監視対象
ノード設定数
最大2048 (ただし
1仮想IPあたり500)
VLAN VLAN収容数:最大2048、VLANタグ挿抜機能 VLAN収容数:最大8、VLANタグ挿抜機能
測定モード
※要オプション
ライセンス
L2(Ethernet OAM) / L3(ICMP)またはTWAMPによる遅延の自動測定

  • 月/週/日/分単位で遅延情報(最大/最小/平均)を集計
  • 集計データのファイル出力
  • 対向装置の時刻ずれを推測し片方向遅延を測定(TWAMPのみ)
(未サポート)
時刻同期 NTPクライアント SNTPクライアント
SNMP 接続可能なSNMPサーバ数:最大10/コミュニティ
Syslog 接続可能なSyslogサーバ数:最大4
FTP/TFTP FTPサーバ FTPサーバ、
FTP/TFTPクライアント
バージョンアップ/ダウン バージョンアップファイル(FTP転送) バージョンアップファイル(FTP/TFTP転送)
リモートログイン Telnet/SSH(最大同時5セッション) Telnet(最大同時5セッション)

付属品

SmartEMT
(NS-3710-10)
SmartENU
(NS-3210-10)
  • 電源ケーブル
  • 電源ケーブル用ロック金具
  • DB9-RJ45変換コネクタ
  • イーサネットケーブル
  • セットアップカード
  • ラックマウントブラケット
  • 電源ケーブル
  • ACアダプタ
  • 抜け防止バンド
  • ゴム足