各種ネットワーク機器のコンソールポートを収容し、統合管理する多機能コンソールサーバー。

概要

ネットワーク機器をセキュアに統合管理

障害の原因解析と復旧作業を可能にするシリアルコンソール

コンソールサーバー SmartCSminiセキュリティーや運用性の観点から通信装置やサーバーなどの各種装置はデータセンターやサーバールームへと統合・収容されることが多くなっています。 コンソールサーバー SmartCS/SmartCSmini( NS-2240シリーズ)は、これらの機器が保有するコンソールポートを統合・収容し、運用性の向上とセキュリティーの強化、障害復旧支援などの機能を提供します。

 

ネットワーク機器のコンソールを集約してセキュアな情報基盤を確立

24時間、365日フル稼働する企業ネットワーク。これらを安心・安全・安定的に運用するためには、強固なセキュリティーの下、サーバーやルーターなどネットワーク機器の稼動状況を正確に把握・管理することが不可欠です。コンソールサーバー NS-2240シリーズは、最大4つのコンソールポートを収容し、ネットワークの障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にします。

p_console-server_ns2240_2

価格表

型式/名称 価格(円) 備考
SmartCSmini
NS-2240-04
ハードウエア本体
オープン 10BASE-T/100BASE-TX×1、シリアルポート×4、CFカードスロット×1 、AC電源×1
NS-2240-04D
ハードウエア本体
オープン 10BASE-T/100BASE-TX×1、シリアルポート×4、CFカードスロット×1 、DC電源×1

※NS-22240シリーズは4ポートモデルを除き販売を終了しました。
後継機種はNS-2250シリーズとなります。

オプション品

型式/名称 価格(円) 備考
NS-354
DB9-RJ45変換コネクターパック
10,000 1パックに4個在中
NS-490
DB9-RJ45変換コネクターパック(クロス)
10,000 1パックに4個在中
NS-495
NS-2240-04/04D用ラックマウントキット
オープン 19インチラック収容時の固定金具
(NS-2240-04/04D 1台収容可能)

※NS-2240-16/16D/24/24D/32/32D/48/48Dのラックマウントブラケットは、本体に標準添付されています。

機能

コンソール統合:最後のライフライン「コンソールアクセス」を確保

SmartCSは、ネットワーク機器のコンソールアクセスを確実に提供します。

ネットワーク障害が発生した場合、障害が発生した機器をTelnet経由でメンテナンスしようとしても、Telnetアクセス自体が不可能な場合があります。SmartCSは、このような場合でも、障害が発生した機器に対して、サービス用ネットワークとは異なる管理用ネットワークを経由して、障害が発生した機器のコンソールポートへアクセスすることができます。

管理端末からSmartCSへのアクセスは、Telnet(非暗号化通信)に加えてSSH(暗号化通信)にも対応しており、LAN/WANを介したコンソールポートアクセスをセキュアに実現することができます。

対象機器へのアクセスについては、ネットワークのポリシーや運用方法に応じて、アクセス方法を選択することができます。

  • ダイレクトモード
    あらかじめ各シリアルポートにTCPポートを割り当て、直接TCPポートを指定して接続する方法
  • セレクトモード
    コンソールサーバーの代表ポートにアクセスし、表示されるメニューで接続装置を選択して接続する方法

p_console-server_ns2240_img-02-05

ロギング機能 : 各種解析に不可欠な接続機器のコンソールログを確実に保存・転送

SmartCSには、コンソールポートへのアクセスを確保するだけでなく、コンソールポートとの通信のログを取得するという大きな特徴があります。
コンソールポートからは、通常稼動時だけでなく装置の起動・停止の過程や障害発生時などにおいても各種の重要なメッセージが出力されます。
これらのメッセージをSmartCS内部に自動的に保存し、設定に応じてTelnet/SSHで該当ポートにアクセスした際に表示させたり、FTPやメール、syslog、TFTPにより設定されたあて先にログデータを送信させることができます。

この機能を活用した一例として、SmartCSに収容した管理・監視対象機器と管理端末との各種通信内容(オペレーションログ)の取得・自動転送があげられます。
セキュリティーの観点からのオペレーションログの取得が必要とされている環境において、SmartCSと各種ネットワークサーバーを組み合わせることによりオペレーションログの自動取得システムを容易に構築することができます。

p_console-server_ns2240_img-02-06

セキュリティー強化:暗号化・アクセス制限により不正アクセスを防止

SmartCSでは、アクセス制御と通信の暗号化によりセキュアなコンソールアクセスを実現しています。シリアルポート毎にアクセス方式を設定したり、シリアルポートへのアクセス権を持つユーザーやそのユーザーが所属するグループに対して接続を許可するシリアルポートを登録できますので、権限を持たない機器へのアクセスを確実に防ぐことができます。
さらにRADIUS/TACACS+サーバーを活用することで、複数のコンソールサーバーを運用するような大規模ネットワークにおいても共通のアクセスポリシーを適用することができます。通信においても、SSHv2およびSFTPによる暗号プロトコルと公開鍵認証をサポートしていますので安心です。

p_console-server_ns2240_img-02-07

運用支援

DSR信号監視

シリアルポートのDSR信号のON/OFFを検知し、SNMPエージェント機能により外部SNMPサーバーにTrapを送出します。
監視対象機器のダウン直前のログをSmartCSが取得するので、ログの解析と素早いシステム復旧が可能です。

p_console-server_ns2240_img-02-08

ポートミラー機能

管理端末から対象機器への通信内容をモニターする機能です。
実際にオペレーションが行われている状態を別の端末からモニターすることで、コマンド投入時の読み合わせ確認などを別々の拠点間で行うことができます。

p_console-server_ns2240_img-02-09

CF設定保存機能・CLI設定

p_console-server_ns2240_img-02-04SmartCSは、NSシリーズの特徴でもある「CF設定保存機能」をサポートしています。
万が一、機器障害が発生した時にも、それまで使っていた機器から、代替機器へCFを差し替えるだけで、同一の設定で起動できるため、機器交換に伴うダウンタイムを最小限に抑えることが可能です。
また、交換時の設定作業を不要にしたことにより、保守員の負荷を軽減し、設定流し込みなどの作業による二次障害のリスクを防ぎます。

その他の機能

長時間、安定稼動する信頼性

専用装置ならではの低い消費電力により発熱を抑制し、ファンレス設計を実現。静音性はもちろん、安定稼動にも貢献しています。

必要に応じて選べるラインアップ

収容可能なシリアルポート数や電源環境に応じて最適なモデルを選択できるようにさまざまなモデルをラインアップ。CLIも共通の仕様になっています。

ブレーク信号不正送出抑制機能

電源ON/OFF時やリブート時でも、シリアルポートに対して不正なブレーク信号を送出することはありません。もちろん、必要なときにはブレーク信号を送信することが可能です。

SmartCSmini ライフタイム保証をサポート

SmartCSmini(NS-2240-04/04D)はライフタイム保証を提供しています。
保証期間内に正常な使用状態のもとで万一故障した場合には、装置本体の故障箇所の無償修理または、代替交換をします。

ライフタイム保証の詳細はこちら

※ただし、SmartCS(NS-2240-16/16D/24/24D/32/32D/48/48D)や、その他のNSシリーズ製品はライフタイム保証をサポートしていません。

 

アクセス管理ソフトウエア SmartGS: 管理対象機器を統合管理

SmartGSは、ネットワーク機器やサーバーへのTelnet/SSHアクセスを制限する機能や、各種ログを自動的に保存する機能を提供するソフトウエアです。

こんなことにお困りではありませんか?

こんなことにお困りではありませんか?

SmartGSをお試しください

コンソールサーバーと管理対象機器を統合管理

SmartGS評価版を無償で提供しています

200ターゲットの製品版と同機能で、120日間使える評価版をお試しいただけます。

仕様

製品モデル

型式 シリアルポート数 電源仕様
SmartCSmini
NS-2240-04 RJ45×4port AC電源
NS-2240-04D DC電源

モデル外観

正面:SmartCSmini

コンソールサーバー SmartCSmini 全面

背面:SmartCSmini AC電源モデル

コンソールサーバー SmartCSmini 背面AC

背面:SmartCSmini DC電源モデル

コンソールサーバー SmartCSmini 背面DC

 

製品仕様

NS-2240シリーズの差異はこちらをご覧ください。

  SmartCSmini
NS-2240-04
LANポート 10/100BASE-T×1 AutoNegotiation対応
コンソールポート RJ-45×1ポート(管理用)
外部インタフェース
スロット
CFカードスロット×1
装置LED 電源LED、装置ステータスLED(4灯)、CFカードスロットLED、ポートLED
シリアル通信設定
可能速度
2400、4800、9600、19200、38400、57600、115200(bps)
外形寸法 205(W)×224(D)×43(H)mm
電源 AC電源
モデル
AC100V‐240V
DC電源
モデル
DC-48V
質量 約1.5kg
消費電力 AC電源
モデル
AC100V:4.7W(最大)
AC240V:6.8W(最大)
DC電源
モデル
4.8W (最大)
動作環境 温度5~40℃、湿度15~85%(結露なきこと)
無償保証 ライフタイム保証

各種機能

ポートサーバー機能 シリアルポートへTelnet/SSHクライアントのアクセスを提供
各種ログ取得および自動送出機能
取得ログへタイムスタンプが可能
セキュリティー SSHv2、RSA/DSA暗号鍵、アクセス権制御、
外部認証(RADIUS/TACACS+)
各種運用支援機能 接続状況一覧表示、ログ利用状況表示
syslog、SNTP、SNMP、Trap
FTPによるバージョンアップ
その他の機能 ブレークセーフ機能

付属品

  SmartCSmini
NS-2240-04
共通 CFカード、
NS-354 DB9-RJ45変換アダプター(本装置コンソール用)×1個、
イーサネットケーブル、
ユーザーマニュアルCD(取扱説明書、設置手順書、コマンドリファレンス)
AC電源モデル AC100V電源ケーブル、AC100V電源ケーブル用ロック金具
ゴム足
DC電源モデル DC電源ケーブル用コネクター、コネクター治具(3個)
ゴム足

※NS-2240-04/04Dのラックマウントキットは、オプション品です。