FMタイプについて

導入前にFM電波を受信できるか確認をしたい。 +-
検証器の貸出を行っております実機にてFM電波を受信できるか確認することができます。
お取引可能なパートナー企業様へご連絡していただき、貸出機の手配依頼をお願いいたします。

背面にイヤホンジャックがついています。前面キー操作にてFMの周波数を設定する画面を表示させた状態でイヤホンを差していただくとラジオを聴くことができます。
FM放送の音声にノイズがないことをご確認ください。ノイズがありますと時刻ずれを起こす可能性があります。

<対象製品>
・TS-2210

販売パートナー企業は下記からご確認ください。
FMアンテナは別売りですか。 +-
FM用アンテナは別途購入いただく必要があります。
弊社のアンテナをお使いいただかなくてもNHKのラジオを受信できれば時刻同期させることができます。

<対象製品>
・TS-2210
FMアンテナの同軸ケーブルの接続コネクター形状について教えてください。 +-
コネクター形状はBNCジャックです。
BNCプラグのケーブルが必要です。

<対象製品>
・TS-2210
FMアンテナのケーブル長は何メートルまで延ばせますか。 +-
FMアンテナのケーブルは標準の10mのケーブルから30mの延長を行い、合計40mまでご利用が可能です。

<対象製品>
・TS-2210
FM電波の受信状況の確認方法を教えてください。 +-
背面にイヤホンジャックがついています。前面キー操作にてFMの周波数を設定する画面を表示させた状態でイヤホンを差していただくとラジオを聴くことができます。
FM放送の音声にノイズがないことをご確認ください。ノイズがありますと時刻ずれを起こす可能性があります。

<対象製品>
・TS-2210
イヤホンで確認し時報が取れていますが同期状態になりません。 +-
内部時計がずれていると時報を受信することができません。
内部時計を±10秒以内になるように設定を行ってください。

<対象製品>
・TS-2210
FMの時報が取得できていない時間があります。 +-
NHKラジオの時報は毎正時鳴るとは限りません。(7時と19時は通常であれば鳴ります)
正時に番組が切り替わる場合は時報が鳴りますが、正時に番組がまたがっている場合は鳴りません。

デフォルトの設定であれば1度時報が取れると24時間同期状態を保ちますので
毎正時に時報が取れなくても問題なく時刻配信可能です。

<対象製品>
・TS-2210
全国周波数リストは、どこから情報入手が可能でしょうか? +-
下記URLに地域ごとの一覧をご用意していますので、ご参照ください。

GPSタイプについて

導入前にGPS電波を受信できるか確認をしたい。 +-
評価機の貸出を行っておりますので、実機にてGPS電波を受信できるか確認することができます。
お取引可能なパートナー企業様へご連絡していただき貸出機の手配依頼をお願いいたします。

ブラウザーでアクセスしていただくとトップ画面で [使用衛星数] を確認することができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

販売パートナー企業は下記からご確認ください。
GPSアンテナのケーブル長について教えてください。 +-
弊社ホームページより資料をダウンロードすることができます。
下記より対象製品のマニュアルをご取得のうえ、「GPSアンテナ接続・設置方法説明書」をご確認ください。
GPSアンテナの同軸ケーブルの接続コネクター形状について教えてください。 +-
コネクター形状はBNCジャックです。
BNCプラグのケーブルが必要です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
GPSアンテナの電源は不要でしょうか。 +-
GPSアンテナは同軸ケーブルを経由して給電されますので電源は不要です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
付属品以外のGPSアンテナを使用することはできますか。 +-
弊社以外のアンテナで動作試験をしておりませんので、動作保証をすることはできません。
弊社のアンテナをご使用いただくことをお願いしております。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
GPSアンテナへの雷対策について教えてください。 +-
同軸アレスタ(ARP-NPJ-1)の設置を推奨いたします。

誘導雷に対してはアレスタが有効となりますが、直撃雷に対しては保護することができません。
雷が多い地域に設置される場合は、避雷針等の設置も併せてご検討ください。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
1つのGPS受信アンテナに対し、複数台タイムサーバーを接続することはできますか。 +-
GPSアンテナ用の分配器(GAD-04)をご購入いただければ、1つのGPSアンテナで最大4台のタイムサーバーを接続することができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
GPSアンテナの設置基準を教えてください。 +-
基本的にGPSアンテナは全天空が見渡せる障害物が何もない環境に設置するのが望ましいです。
しかし、実際にアンテナを設置する環境では難しいため、以下の点にご注意して設置ください。

1、仰角20度より上に障害物がないこと
2、近くに他のアンテナ、避雷針などないこと
3、水平面に対して垂直に設置すること

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
GPSアンテナケーブルの許容曲げ範囲・外径を教えてください。 +-
GPSアンテナケーブルの許容曲げ範囲・外径については、下記をご参照ください。

GPSロールオーバーについて教えてください。 +-
GPSシステムは、私たちが日常使用している時刻とは異なる時刻で運用されており、そのシステムでは19.6年でリセットされるようになっています。
そのため基準となる日から19.6年経過した時点でGPS受信機の時刻がリセットされる現象が発生いたします。
この現象を「GPS時刻のロールオーバー問題」と呼んでいます。

ロールオーバーが発生すると弊社GPSタイプのタイムサーバは次のような問題を起こします。

・NTPの時刻と機器に表示される時刻が19.6年前に遡ります。
GPSロールオーバーはいつ発生しますか。 +-
GPSロールオーバーの発生時期は下記となります。

TS-2850、TS-2550、TS-2210の各GPSタイプは製造番号により異なります。
60001番以上…2030/5/12 0:00 (UTC)
60001番未満…2027/8/15 0:00 (UTC)

テレホンJJYタイプについて

通信研究機構(NICT)の光電話回線網を利用した時刻同期はできますか。 +-
TS-2210が対応しております。

<対象製品>
・TS-2210
ISDN回線を利用することはできますか。 +-
ISDN回線をご利用される場合は、アナログポートを搭載した機器を経由してご利用ください。
アナログポートの品質が良くない機器を使用すると正常に時刻データを取得できない場合がありますのでご注意ください。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
PBXを経由して電話回線を接続した場合の注意点を教えてください。 +-
PBX経由での接続は、時刻精度の低下や発信エラーが頻繁に発生する場合があります。
可能な限りPBXを経由せず、アナログ回線を直接接続するようお願いいたします。

PBX経由の場合はプレフィックス(ゼロ発信)やダイヤルトーン、通信遅延誤差の許容範囲の調整などのチューニングが必要になる場合があります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
電話番号プレフィックスの設定は必要ですか +-
NTT以外の回線を使用する場合やPBX経由で発信する場合に設定します。
PBX経由でゼロ発信の場合は“0”、さらに発信時にポーズを入れる必要がある場合は“0,”を設定してください。
PBX経由で発信時、電話番号の間にポーズを入れる必要がある場合は“,”(カンマ)を設定してください。
1文字の(カンマ)で約2秒のポーズとなります。
ダイヤルトーンの設定は必要ですか +-
ダイヤルトーンは「検出する」/「検出しない」 の選択が可能です。
NTT以外の回線を使用する場合やPBX経由で発信する場合、ダイヤルトーンがNTTの仕様に準拠していない時は、ダイヤルトーンの設定を「検出しない」を選択します。
「検出しない」を選択すると、ポーズが必要となる場合があります
アナログ回線を分配した環境で使用できますか。 +-
アナログ回線を分配する際は秘話機能付きの分配器をご利用ください。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
テレホンJJYによる時刻同期に失敗した際、 自動でリトライ処理は実施されますか。 +-
定刻の自動発信に失敗した場合、1分後にリトライを2回まで実施します。(定刻含め最大3回まで実施)

手動発信時に関しては失敗いたしましてもリトライは行いません。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
機器の起動(再起動)時は手動での発信が必要ですか。 +-
機器の起動(再起動)時は自動発信します。失敗時のリトライは行いません。
※TS-2540は電源OFF時間が「同期ずれ警告1設定」時間内であれば同期状態を維持しますので自動発信は行いません。
設定時間を経過している場合は警告を出力し、自動発信します。失敗時のリトライは行いません。

管理・NW機能について

複数のLANインターフェースを搭載している機器の IPアドレスの設定について教えてください。 +-
各インターフェースに同じネットワークアドレスのIPアドレスを設定することはできません。
各インターフェースにはネットワークアドレスの違うIPアドレスを設定してください。 
リンク集約などを行うことはできません。

※TS-2210はLANインターフェースが1つとなります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2540
設定やメンテナンス時にのアクセス方法を教えてください。 +-
TS-2210、TS-2540はInternet Explorer(http)でアクセスすることができます。
TS-2850、TS-2550はInternet Explorer(http、https)、Telnet、SSHにてアクセスすることができます。
また、COMポートにシリアルケーブルで接続し、VT100エミュレーターを使用して操作することも可能です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
SNMPは対応していますか。 +-
SNMPv2c、v1に対応しています。TRAPはSNMPv1に対応しています。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
異常発生時にメールで通知することができますか。 +-
可能です。
TRAPの情報をメールで送信することができます。
メールの認証はサポートしていません。

※TS-2540、TS-2210はサポートしていません。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
本体の設定内容をファイルとしてバックアップすることはできますか。 +-
設定情報をメンテナンス用のパソコンにエクスポートすることができます。
保存した設定ファイルをインポートすることも可能です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
ログ情報は本体に保存されますか。 +-
システムログは本体に保存されますが、シャットダウンやリブートの操作を行わずに電源が落とされると消えてしまいます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
ログの保存件数を教えてください。 +-
約1000件のログを保存することができます。
Syslogサーバーにログを送信することも可能です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
ファームウエアのアップロード時間はどれくらいかかりますか。 +-
ファームウエアのアップロードは数秒ですが、アップロード後にリブートを行う必要があります。
リブートの時間は1分程度となります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
SNMPのMIBファイルを入手できますか。 +-
製品よりMIBファイルをダウンロードすることができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
管理用ユーザーID「adm」を変更することはできますか。 +-
TS-2210、TS-2540につきましては、ユーザーアカウントは「adm」固定となり、変更及び追加はできません。
TS-2850、TS-2550につきましてはアカウントの変更が可能となっております。
 ※TS-2210につきましてはファームウェアバージョン4.2040よりユーザーアカウント名の変更が可能となります。
冗長構成を組むことができますか。 +-
タイムサーバー側で冗長の設定項目はありません。
NTPのクライアント側で参照先を複数設定することで冗長構成にすることができます。
冗長構成にする場合参照先を3つ(タイムサーバーを3台用意)することを推奨しております。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
UPSからシャットダウンを行うことができますか。 +-
TS-2210、TS-2540では、UPSからのシャットダウン信号には対応しておりません。

TS-2850、TS-2550ではUPSと連携して動作することが可能です。
・SNMP-TRAPとSNMP-GETで停電、復電を検知し、復電しなければTS自身を停電 n分後にシャットダウンする機能
・SNMP-SETでUPSを停止制御する機能

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
電源OFFをする時の注意点を教えてください。 +-
シャットダウンの操作を実施いただいてから電源OFFとしてください。
シャットダウンせずに電源断が発生した場合は、電源断以前に正常終了(シャットダウン操作、再起動操作、保存操作等)以降の設定、ログ情報が消失いたします。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
管理者パスワードがわからなくなり、ログインできなくなりました。パスワードをリセットする方法はありますか。 +-
設定の初期化が必要となります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
LANインターフェースのSpeedやDuplexの値を設定することはできますか。 +-
AUTO固定なため、設定変更することはできません。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
設定はどのようにして行いますか。 +-
TS‐2210、TS‐2540はブラウザー(IE)にて設定を行います。
TS‐2850、TS‐2550はブラウザー(IE)および、CLI(コンソール、Telnet、SSH)でも設定することができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
TLS1.2に対応していますか。 +-
TS2540ではセカンダリタイプのみファームウェアバージョン1.9060以降、ブラウザ(IE)にて設定出来ます。
TS2850、TS-2550ではファームウェアバージョン3.1010以降、ブラウザ(IE)及びCLI(コンソール、Telnet、ssh)で設定出来ます。

TLS1.0以上またはTLS1.2のみの選択となり、SSLの利用は不可となります。
OSの種類・バージョンは公開していますか。 +-
公開しておりません。

時刻同期について

うるう秒について教えてください。 +-
うるう秒に関する説明資料を弊社ホームページよりダウンロードすることができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

資料は下記からご確認ください。
時刻源との時刻同期ができなくなった場合も、時刻配信することができますか。 +-
[内部時計同期時間]にて設定した時間内であれば、時刻源と同期ができなくても時刻配信することができます。
設定した時間を経過してしまうと非同期の状態となります。デフォルト設定は時刻源がGPSまたはFMの場合24時間、時刻源がテレフォンJJYまたは長波JJYの場合は72時間となっています。

INF設定を行うと時刻源と同期ができない状態でも常に同期状態となり、時刻ずれをおこす可能性がありますのでご注意ください。※TS-2540の設定は[ローカルクロック同期期間の設定]となります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
Windows標準のインターネット時刻設定に対応して いますか。 +-
Windows標準はNTPプロトコルとなります。
タイムサーバーはNTPに対応していますので時刻同期させることができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
うるう年がある場合何か影響がありますか。 +-
影響はありません。設定なども必要ありません。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
再起動を行うと非同期の状態になってしまいますか。 +-
再起動を行うと非同期状態になりますので時刻源と同期させる必要があります。

INF設定を行うと時刻源と同期ができない状態でも常に同期状態となり、時刻ずれをおこす可能性がありますのでご注意ください。※TS-2540の設定は[ローカルクロック同期期間の設定]となります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
クライアントからの要求状況を確認できますか。 +-
アクセスが来たクライアントのIPアドレスを500件分確認することができます。
500件を超えると一番最後にアクセスしたクライアントの情報が削除されます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
元号改定による影響はありますか。 +-
元号は使用しておりませんので、元号改定による影響はありません。

購入・保守・ハードウエアについて

マニュアルを入手できますか。 +-
弊社ホームページよりダウンロードすることができます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

資料は下記からご確認ください。
保守サービス内容を教えてください。 +-
弊社ホームページからご確認いただけます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

下記アドレスをご確認ください。
サービスパックの保守開始日はいつからですか? +-
弊社ホームページからご確認いただけます。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

下記アドレスをご確認ください。
保守はいつでも入れますか? +-
ご購入後2年未満であれば、機器をご購入いただいた代理店経由でいつもで保守ご締結いただけます。
なお、ご購入後2年以上経過した場合、事前点検(別途有償)を行っていただく必要があります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
動作確認のための評価機をお借りすることは可能ですか。 +-
販売パートナー経由にて評価機貸出を実施していますのでお問い合わせください。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

販売パートナー企業は下記からご確認ください。
無償保証期間はありますか?あればその期間と内容を教えてください。 +-
無償保証期間はあります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540

詳細は下記アドレスからご確認ください。
製品自体のサポート期間を教えてください。 +-
販売終了日から5年間がサポート期限です。
サポート期限の1年前にホームページで案内すると共に、保守契約ユーザーに個別にサポート終了を連絡いたします。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
電源の二重化対応はしていますか 。 +-
電源は二重化に対応していません。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
AC200V対応していますか。 +-
対応しています。
製品同梱ケーブルはAC100V専用ですので、AC100V以外で使用する際は下記電源コード仕様の製品をご利用ください。

定格:250V、7A以上(電気用品安全法取得品)
形状 コネクター:IEC C13  コード:上記定格を満足する3芯ケーブル  プラグ:設置環境のコンセント形状に合ったもの

※TS-2540は100Vのみとなります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
電源を入れてからどのくらいの時間で立ち上がりますか。 +-
1分程度です。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540
ファームウエアのバージョンごとのサポート期限はありますか。 +-
ファームウエアのバージョンによるサポート期限は設けておりません。
製品のサポート期限内であればバージョンに関係なくサポートをいたします。
※サポートを受けるには保守契約を行っていただく必要があります。

<対象製品>
・TS-2850
・TS-2550
・TS-2210
・TS-2540