ロードバランサー活用シーン

p_laod_case_index_01
p_laod_case_index_02_on
データセンターでの活用
画像や動画の配信を安定的に
p_laod_case_index_05
イントラなど多様な用途への活用
p_laod_case_index_07
障害時の対応を円滑化&簡略化したい

初期費・運用費を抑えたい

高性能ロードバランサーは初期費も運用費も高いため、コストを抑えつつコストパフォーマンスが高い方法を常に模索している。
7〜8年に一度ロードバランサーの機器変更を検討しているが、コストを抑えたとしても必要なスペックを下げずに、サービスレベルを維持したい。可能ならばサーバ構成も変えずに、可用性の高い負荷分散を実現したい。

  • とにかくコストを抑えたい
  • コストを抑えてもサービスレベルを低下させたくない
  • 現行機の見直しのタイミングで、コストダウンしたい
  • サーバ構成を変えずにコストダウンしたい

C社の場合

p_load_casestudy_lead

99,999%(ファイブナイン)の可用性を達成しつつ、コストダウンができる方法を模索していた。システムトータルで考えた場合、ロードバランスだけに予算を割くことはできないためコストパフォーマンスの重要度は高い。高性能ロードバランサー1台構成とコストパフォーマンスを重視したロードバランサー2台構成を検討した結果、Netwiser2台構成を選択した。

p_load_casestudy_arrow

ロードバランサー選定のポイント

Point1 高性能ロードバランサー1台とコストパフォーマンスのよいロードバランサー2台どちらがよいか?

Netwiserなら高性能ロードバランサー1台分のコストでNetwiser2台分まかなえ、さらに2台にすることで可用性も高められた。

 

Point2 可用性99.999%(ファイブナイン)を満たせるだろうか?

Netwiserなら実機によるシステム適合テストを3か月行った結果、現行機と遜色ない可用性があることが確認できただけではなく、Netwiserの性能公称値を裏付ける検証確認もできた。

C社の導入効果

  • サービスレベルを下げずにコストダウンを実現できた!
  • フェイルスルー機能でシステム構成を変更せずに可用性を高めることができた!
  • 外資メーカーよりサポートや営業のレスポンスが早く、サポートの満足度が高い!

C社の活用シーンに近い構成例


WebサーバをSSLアクセラレーターを用いて負荷軽減する構成例です。
想定製品: SX-3850


C社の活用シーンに関連するよくある質問

 

p_load_btn_application